稲 淵の棚田(秋)

  • 2012.10.07 Sunday
  • 16:48
JUGEMテーマ:写真

実りの頃を迎えた稲淵の棚田です。















黒米もありました。



良い気候になりました。
飛鳥は歩いても気持ちいいですよ。
お出かけください。 

泉谷の棚田

  • 2012.06.23 Saturday
  • 18:27
JUGEMテーマ:趣味

常盤橋のすぐ先にある普通の橋を渡って少し走ると目印の看板があり



あとは看板の案内に従って細い山道を行くだけでした。
が、小さい車でも道幅いっぱいという感じで、対向車がありませんようにと祈りながら運転です。



最後の看板、ここを斜め右に激しく曲がって行きます。



まだかな?まだかな?という感じで登っていきますと、
見えました〜!



標高470mの泉谷の棚田の前にある水車小屋(トイレも兼ねています)です。



水車小屋の前に駐車スペースがあります。
(水車小屋の横に立っているのは、無理矢理に連れてきた母と兄です・笑)



泉谷の棚田は日本の棚田百選に選ばれており、テレビにもでたことあるのですよ。



杉木立の下にはシャクナゲが沢山。
もう少し早ければきれいだったのでしょう。



田んぼは上からしか写せないようなので、左右に移動しながら写しただけですが
これが全体という感じです。



菖蒲の花がまだ少し咲いていました。 



せっかく来たので



撮りまくり状態(笑)



愛媛県にはあとふたつ棚田百選に選ばれている棚田があります。



あとのふたつも是非いってみたいし、宇和島の耕して天に至る段々畑、これも行ってみたいところの一つなのですが・・・。



早朝とか夕日の頃ならもっときれいだったのでしょうが、やっと来れて満足でした。



帰りに、前から行きたかったオーベルジュ内子でランチをしようじゃないかと予約の電話を。
では龍王公園めざして下りていきまーす。

泉谷の棚田への行き方
まずは内子町役場を目指して行くのがいいと思いますが、
愛媛県内子町五十崎の御祓(みそぎ)小学校の近くの常盤橋まで行けば看板があり、
あとは看板通りに進めば行けますが、
あと1,5キロのところを右手後ろに曲がるよう注意してください。
カーナビの場合は、御祓(みそぎ)小学校の電話番号0893−43−0620 を入れると簡単です。

泉谷棚田目指して ,泙困肋鑒弑兇

  • 2012.06.23 Saturday
  • 10:57
JUGEMテーマ:趣味

愛媛県喜多郡内子町五十崎にある泉谷の棚田に絶対に行くぞー!
と、思ったとこまでは良かったけれど、準備が足りないような。
地図の見れば辺鄙そうやなぁ・・・。
ネットで調べると、タクシーなら内子駅から30分とある。
レンタカーの方が便利かも。



それから泉谷の棚田までの行き方をスマホでリサーチ。
沢山の人がブログにアップされているのですが、
みなさんきれいな棚田の写真はアップされているけれど、
どの道をどう通ったらそこへ行きつくかを具体的に書いてくれている人は少ないんですね。
写真はそれほどきれいでなくていいので(笑)わかりやすい道順を書いてくださると
ありがたいと思うのは方向音痴の私だけか?

で、色々、検索した結果、
常盤橋という屋根つきの橋まで行けば看板があります」という文章発見!

その常盤橋はどこにある?
またまた検索すれば、御祓(みそぎ)小学校の近くだそうです。

で、ともかくそこまで行くことに。

八幡浜からは松山自動車道の内子五十崎ICで下り(現金払いなので料金所の人にお尋ねしましたら、親切丁寧に内子役場までの行き方を教えてもらえました)内子町役場を左折して
そこからの県道56号線を走れば常盤橋が右側にバーン!と見えました〜。




橋の向かい側にレンタカーを止めれました。
三菱自動車のコルトという小型車を9時間借りて、料金は6300円でした。



内子町には屋根付きの橋がいくつかありますが



なんで橋に屋根があるのか?
それは、急に雨が降った時の雨宿りのためとか村の人たちがここで集まったりするため
ではないか・・・と
母が教えてくれました。



橋の左側に案内の看板があました〜!
これでなんとか泉谷の棚田まで行けそうでーす。



常盤橋までの行き方。

ナビに御祓小学校の電話番号 0893−43−0620 を入れるのが簡単でした。
住所は 愛媛県喜多郡内子町大字只海甲458−2 です。

では泉田谷の棚田目指していきまーす。

明日香 稲淵の棚田と案山子

  • 2011.10.05 Wednesday
  • 15:34
JUGEMテーマ:趣味

ようやく稲淵の棚田の案山子を見に行ってきました。
案山子祭り、今年のテーマは「」だそうです。
ぐるりと見て歩いた中で、いいなと思った案山子と背景がきれいな案山子を写してきました。
 


絆というと、親子兄弟家族の絆・・・と思うのが一般的なんでしょうか?
犬だって家族なんですから〜と、犬の親子の表情がいいですね。



がんばろう!日本の文字と笑顔が良かった。



実りの秋を迎えた稲淵の棚田を背景に。



バスの標識は本物?



復興を祈ってくださるお地蔵さん?



赤ん坊を救助してくれた自衛隊の隊員さん。
東日本大震災では自衛隊の活躍が素晴らしかったですものね。



今年の大案山子は、「聖観音立像」です。



日本の面積がいやに大きい地球の後ろの棚田がきれいです。



私が一番グー!と思ったのがここ案山子さんたち。
着物も素晴らしいと思ったら、みなさん同じ意見だったのでしょう、
最優秀賞だそうです。



今年は来るのが遅すぎて、ヒガンバナはすでに終わり・・・という感じでしたが、
黄色く色づいた田んぼがきれいでした。



黄色いヒガンバナはまだ沢山きれいに咲いていました。



暑くも寒くもない気持の良い日に、こんなステキなところを歩けて幸せ・・・。



棚田保全へ向けてのNPOの説明会やレンゲの種まきが23日にあるそうです。

小豆島 中山千枚田

  • 2011.09.28 Wednesday
  • 18:35
JUGEMテーマ:旅行

エンジェルロードの後は、私がもう2年程前から行きたいと思っていた
日本の棚田100選にも選ばれている中山の千枚田へ。
棚田の入り口に、中山の農村歌舞伎舞台の看板が。



ここかなぁ・・・?
神社だよねぇ・・・と話していたら、



10月にある農村歌舞伎のためでしょうか、工事をされている方が、
「あれですよ」と教えてくださいました。
中山の農村歌舞伎の舞台は、上の写真の神社と向かい合うように建っていましたが、
普段は戸が閉まっていて当然ですよね。




舞台の下のまわり舞台のところも見せていただきました。



この棚田は、
天皇皇后両陛下も見にいらっしゃったんですね〜。




では、念願の千枚田に向かってgogo!
かなり狭い道ですが、軽自動車なのでグングン登って行きました。


もうほとんど稲刈りは終わっていましたが、あぜ道にはヒガンバナが。







棚田の向こうに煙が上がり、山は日暮れて、これまさに日本の景色!







堪能するまで眺めさせていただきました。
棚田に水が入った頃はまた素晴らしいでしょうね。



つづく 

甍公園あたりの田んぼ

  • 2011.06.12 Sunday
  • 21:01
JUGEMテーマ:地域/ローカル

南あわじの甍公園で写しました。



淡路島の特産品をかたどったオニオンタワーです。



これも南あわじの特産品の淡路瓦のモニュメントです。
モンサンミッシャエル・・・・には見えませんかねぇ(笑)



瓦のデモンストレーション。



きょうの一句。

山影を 水に映して 早苗かな



玉ねぎ畑。
少し干してから収穫するのですね。

 

蛙の歌が聞こえてくるよ

  • 2011.05.07 Saturday
  • 13:54
JUGEMテーマ:趣味

奈良の田植えは来月あたりからですが、
愛媛県では連休前に済ませてしまうようです。(愛媛県三間町の仏木寺横の田んぼ)



大洲運動公園奥の山あいの田んぼでは田植え前の作業たけなわでした。



そして、このあたりから大きな音がして、
一体なんだろうと耳をすませてわかりました。

 
蛙が鳴いているんです。
まだ5月になっていないのに、もうこんなに大きな声で鳴いているなんて・・・・と
動画で撮ってみました。
蛙の歌が聞こえてきますか〜?

ここをクリックしてみてね。

南あわじの田んぼ

  • 2009.09.25 Friday
  • 20:14
JUGEMテーマ:趣味

南あわじではお米の収穫も早いらしく、稲刈りが終わった田んぼが多かったです。

南あわじの田んぼ1

可愛いお孫さんが稲藁の上に跨っているところをおじいちゃんがパチリされていました。

南あわじの田んぼ3

奈良県では見られない田んぼと海

南あわじの田んぼ6

来年は田植えの頃を写してみたいなぁ・・・。

南あわじの田んぼ5

田んぼの向こうに風車が。

南あわじの田んぼ2

牛の餌にするのか、干し草風に藁を巻いてあります。

南あわじの田んぼ4 

稲淵の棚田

  • 2009.09.15 Tuesday
  • 09:32
JUGEMテーマ:写真

案山子を見に行ったついでにあと一歩で実ろうとしている稲淵の棚田も写してきました。

棚田1

棚田2

棚田3

棚田4

あぜ道を真っ赤なヒガンバナが彩る頃が一番きれいなのかな。
 

田んぼの風景乙大木谷

  • 2008.08.02 Saturday
  • 21:50
JUGEMテーマ:写真


きょうは棚田100選に入っている兵庫県佐用町の乙大木谷の棚田を見に行ってきました。
中国自動車道作用ICから5キロと聞いていたのですが、近くて遠いは田舎の道・・・。
あっちもこっちも棚田ばっかしなのですが、肝心の乙大木谷がどこだからわからず、何度も同じところをぐるぐる回ってやっと見つかったこの看板
あ〜、良かった〜楽しい
23ha、988枚と書いてありますが、一見したところそんなに多くには見えない・・・。

看板

このあたりは道も細いのですが、看板の前に少しだけ駐車スペースがあります。
そこから見た左側。

乙大木谷

右側の田んぼ。
休耕田があり、写すのがなかなか難しいです。

乙大木谷2

ここから先は勾配が急な上に行き止まりになっていますから、看板の前から引き返された方が無難です。
この田んぼの反対側の道路から写しました。

反対側から

遠くまで来た割りにはこんなのしか撮れず、暑かった・・・。

乙大木谷

兵庫県佐用郡佐用町乙大木谷への行き方。

中国自動車道佐用インターを降りてT地路の信号を右折。
一つ目の信号を右折。
高速道路のガードをくぐる。T字路を右に折れ、川沿いにしばらく進むと右に小さい鳥居(茶色くて目立たないので注意すること)があるところの左側に乙大木谷と書いた看板あり。
そこを左折。
橋を渡ってすぐ右折し、細い道を進むと案内板が立っている。左折して坂を登ると乙大木谷、直進すると甲大木谷である。(甲大木谷も棚田が多いが、被写体としては?)

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM