夫の墓には入りませんとモンローが死んだ日

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 15:11
新聞の宣伝を見たら読みたくなって
垣谷美雨さんの、
夫の墓には入りませんを読みました。
ある晩、夫が急死。夏葉子は44歳。
これで嫁を卒業できると思いきや、舅姑や謎の女が思惑を抱えて次々押し寄せる。
愛人(最後に、ゆすられていたことがわかる)への送金、墓問題、介護の重圧・・・
がんじがらめな夏葉子の日々を変えたのは、意外な人物と姻族関係終了届け!?
婚姻の枷に苦しむすべての人に贈る、
人生逆転小説。

だ、そうですが、
私にはそうかそうか、良かったじゃないのー!とは
思えなかった。
夏葉子さんは44歳、舅は78歳、姑は75歳(だったかな?)
これからの人生を考えれば再婚する可能性もあるでしょうが
義両親と引きこもりの義姉を、夫の死後まだ1年も経ってないのに・・・
それほどひどい舅姑でもないのに・・・
とか、ちょっと引っかかりましたね。
近所の友人は若くして亡くなったご主人の
お母さんと、その後もずっと同居です。
色んなことがあったけど、
子供たちも独立した今では、
朝、おかあさんが部屋から出てこないと
心配になる。
一人になると寂しいものね。と、言っています。
自分ことは棚の上に上げて、
つい、考えてしまいました。




たまたま、先日テレビで少しだけ見て
最後はどうなったのだろうと気になっていた
小池真理子さんの
モンローが死んだ日を続けて読みました。

軽井沢にほど近い、別荘と住宅が混在する
静かな森の一画。2匹の猫と暮らす
59歳の幸村鏡子は、夫を亡くして以来、
心身の不調に悩んでいた。意を決して
クリニックを受診し、独身で年下の精神科医、
高橋と出会う。少しずつ距離を縮め合い
幸福な時を紡ごうとしていた矢先、突然
高橋は鏡子の前から姿を消してしまった・・・。
それぞれの孤独を生きる男女の心の揺れを描いた濃密な心理サスペンス。

ドラマの中でも軽井沢あたりの森や雪の景色
可愛い2匹の猫たち、
暖かそうな薪ストーブの火、
静かに向かい合って食べる食事など
どこか秘密めいた大人の事情があるような
惹きつけられるものがあったのですが
この本、読んで良かった。
深いです。
夫に先立たれたもう若くない女の
どうしょうもない孤独感。
夜ベッドに入ると、氷に閉ざされた何もないアイガー北壁を猛烈なスピードで
落下する恐怖
青いプールの底に漂っている時のような
無音の世界に吸い込まれていく気持ち。
意味もなく涙が流れる。
食欲がなく、眠れない。 少しだけ言葉を変えながら表現される
鏡子さんの孤独・・・
なんかわかるような気がしました。
小池真理子さんの本、久しぶりに読んだのですが
素晴らしかったです。
この2冊の本の主人公は夫に先立たれた妻ですが
この頃は近所でもそういう方が増えて
今朝も立ち話した方は、
主人がいないと風当たりが強かったり
落ち込むことも多いのよ、と言われていました。
昨日は東日本大震災から8年。
気持ちはなかなか明るくなりませんが
前を向いて進んで行きたいものです。

人生の救い 車谷長吉

  • 2019.02.17 Sunday
  • 14:26
先週の日曜日の読売新聞読書のページに
車谷長吉さんの人生の救いという本の
紹介がありました。
面白そう!と楽天ブックスで取り寄せ
読んでみると、
これがやはり痛快。
およそ救いになってないのでは?と
思う、朝日新聞の土曜版に連載されていた
人生相談をまとめた本でした。



もう何年まえになるか、
この人の赤目四十八瀧心中未遂と
銭金の話を読んだことを思い出しました。
図書館から奥さん高橋順子さん(東大卒にして有名な詩人)が
書かれた、夫車谷長吉と
四国八十八か所感情巡礼と
世界一周恐怖航海記を借りてきて読みました。

奥さんの著書によると、
モデルになった人から訴えられたり
絶交されたり大変なことも多かったようですが
これだけ実名で、たとえ真実だとしても
悪口としか思えぬことを書けば
相手は怒るのは当たり前かと思いましたが、
突き抜けてすごいので、この2冊は
面白かったと言っていいでしょうか。

しかし、奥さんは素晴らしい人です。
四国歩きお遍路の途中で、こんなに頻繁に
道端で大便(本にはうんこと書いてあります)する
夫なら、私なら即離婚!でしょうね。
亡くなったことは聞いていましたが
その死因が冷凍のイカを丸呑みして
窒息死だったそうで、
暗いことばかり書いた人なのにと
ちょっとおかしかったです。

エリザベスの友達 村田喜代子

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 14:58
今朝のテレビで
上牧町の介護老人施設 こころ上牧で
一昨年5月、入所者の97歳の女性が
殺された事件で元職員56歳を殺人容疑で逮捕のニュースを聞きました。
朝刊にも出ていました。

私の率直な感想は、
やっぱりなぁです。

先日も、その施設の横を通りながら、
夫と、夜は関係者以外は入れないのだから
おのずとわかるやろうに、なんでまだ
捕まらないのか?と話したところでしたし。

私の母も施設に入っています。
93歳になったところです。

そんなこんなで
村田喜代子さんのエリザベスの友達を買いました。






97歳のお母さま初音さんは老人施設に
入られていて、娘さんの千里さんが
会いに来られているところから物語は始まります。

まだ読み始めたばかりなのですが
どうやらこの小説は
幸せな人生の終焉を書かれているようです。

去年から施設に入り
退屈している叔母さんにも読んでもらおうと思っています。

自分も、もっと頻繁に母や叔母さんに
会いに行かねばなぁと反省するばかりです。

隠された十字架 法隆寺論

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 11:48
犬のことが心配で、今年になってから
何も手に付かなかったのが、
ようやく落ち着いてきたところに
梅原猛さん逝去のニュース。
去年は、空海、最澄、親鸞など仏教関係の本を
沢山読んだので、
梅原さんの本も何冊か読ませていただきました。
難しい真理をやさしい文章で書かれていて
さすがは知の巨人!です。
今朝は図書館で、隠された十字架 法隆寺論を借りてきました。





今年第1冊目の読書です。
バラの植え替えもできて、読書とガーデニングを
楽しめる日が来たかなぁ。

心配や不安なく過ごせる毎日はありがたいとことです。

国宝 吉田修一

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 10:21
先日、Eテレで、歌舞伎役者の坂東玉三郎さんが
ご自分の歌舞伎の舞台の映像と共に
その解説をされている番組を見ました。
その演技、舞い、その解釈の深さ、姿の美しさに
目がぱっちりと覚めてしまいました。
人間国宝とはこんなにすごい人がなるもんなんやなぁ!
と、思っていたところに
朝日新聞で連載されていた
吉田修一さんの国宝という小説が
出版されたと知り、
内容が歌舞伎の人間国宝の話らしいのと
吉田修一さんの小説のファンなこととあり、
楽天ブックスに注文しました。
本屋に行くより早く、送料無料で届きました。





まだ読み始めたばかりですが
面白そうです。
読んだら感想をまた書き加えます。

うつ病放浪記 工藤美代子

  • 2018.09.01 Saturday
  • 12:10
図書館の棚から何気なく借りてきた
工藤美代子さんのうつ病放浪記、
読み始めるとやめられなくなる本でした。

我慢できなくなる程の体調不良が続き
救急車で運ばれるほど。
それまであちこち検査してもどこも悪くないと
言われていたのが
最後に告げられた病名は、
うつ病だったそうです。





私はうつ病にはならない!と思っていただけに
最初は信じられず、薬を飲むことにも
抵抗があったようです。

今も全快とまではなってないようですが
その闘病記と、うつ病を経験された人たちへの
インタビュー、
そして最後に書いてある、
うつ病を生き抜くための六カ条
これはうつ病になってなくてもいいことが書いてあるなぁと思いましたので
少し書いておきます。

その一
しょせん自分はたいした人間ではないということに
気づいたほうがいい。

その二
仕事だけに人生のすべてを賭ける生活は
もうやめよう。

その三
お金持ちになれば、
すべての問題が解決すると考えるのは大誤解だ。

その四
人間関係における不良債権を、
この際、思い切って整理する勇気を持とう。

その五
自分の周囲に起きた悪いことを、
すべてうつ病のせいにしてはいけない。

その六
熟年女性のうつ病患者への、
ちょっとお節介なアドバイス。

その四までは、
うつ病ではない(?)自分も
大いに参考にしたいと思いました。
人間いくら生きてもせいぜい100年。
つまらんプライドや欲に惑わされるより
夫婦仲良く自分の丈に合う生活の中で
穏やかに暮らしていくのが幸せということかなぁと思いました。

しかし、自分は関係ない病気と
思っていても、いつなるかわからないみたいです。
そついえば、最近ここのあたりが
調子悪い・・・と思うことあるのですが
もしかして、うつ病かー?

竜馬がゆく 司馬遼太郎

  • 2018.08.26 Sunday
  • 12:15
坂の上の雲を読んだので(日露戦争には
勝ったけれど、なんか虚しい読後感でした)
竜馬がゆくに挑戦。




坂本龍馬といえば、日本の歴史上の人気ナンバーワンを
争う人でしょうか。
テレビドラマなども沢山あったように
思いますが、へそ曲がりゆえ、
今まで全然、興味がなかったのを
この本を読んでちと反省しました。
身長5尺8寸の大男、剣を取っては北辰一刀流の剣豪で
会う人ことごとく、魅力的と言う。
小説にはそう書いてあるのですが、
これほんと?
私が坂本龍馬について知っていたのは
あの有名な写真の姿だけ。
あんまりステキとは思えなかったのですが、
司馬遼太郎ってすごい!と思うのは
ものすごく魅力的な人物に書いてあります。
お姉さん(乙女さん)に宛てた手紙はしかし、
面白いですね。
現代にも通じる感覚の持ち主ですね。
こんな手紙を書いた人だから、
魅力的だったのでしょうね。

しかし、あの頃は武士とはいえ
差別が激しく、
生きにくい世の中だったということも
わかりました。
なんのかのといっても、
現在いきている我々は幸せです。

ヘタな人生論より枕草子など

  • 2018.08.11 Saturday
  • 08:47

JUGEMテーマ:読書

友人から勧められて、
枕草子のたくらみ(山本淳子)を読んだのですが、
高校時代に古文の教科書に書いてあったそれこそ春はあけぼのと
香炉峰の雪はなど以外は深く読んだ記憶なし。

それが、山本淳子さんによる
「春はあけぼのに秘められた思い」の複雑で深いこと!

中宮定子とその後宮の素晴らしさを描き、
あえて、悲しいことや辛いことははぶいて書いたのだそうです。
そういえば、ブログなどでも、
楽しく充実した自分の生活!だけをアップする人多いですね。
(ナイショですが、私はどちらかというと
その反対のことが書いてあるブログを読むのが好きです。理由は、自分の参考になるのと、考えさせられることがあるということ。決して他人の不幸が好きな訳ではありませんので念の為)
一冊読んだら、同じようなテーマを読みたくなり、
ヘタな人生論より枕草子を読みました





著者、荻野文子さんは 予備校のマドンナ先生として有名な方だそうですが、
すっごく面白かった!
枕草子の訳文(原文はなし)に沿って
千年前に清少納言が書いたことは、
今に通じたことである。
ご自分のまわりにも同じようなことがあると
辛口ながらも、スカッとする文章が書いてあり、
その気持ち良さに猛暑も忘れました。
荻野文子さんって賢い人やなぁ!とダンナに言ったら、
そういえば、昔その人の本かったことあるわ、と
ヘタな人生論より徒然草を本棚から出してきました。
うれしー!

今日からお盆休みの方も多いのでしょう。
高速道路は朝から何十キロもの渋滞とか。
我が家は今年もまた犬の調子が悪く
猛暑の夏をオロオロ過ごすだけ。

老後の資金がありません 垣谷美雨

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 11:00
新聞に売れている文庫!と宣伝が何度も出るのと
垣谷さんのファンなのとで
老後の資金がありませんを
老後の資金から買いました(笑)




1200万円あった貯金は、
さやかの結婚で500万円、
そして舅の葬儀と墓で400万円を使い
今や残りは300万円を切ってしまった。
夫が定年したあと、どうやって暮らせばいいのか。
50代の夫婦で、それだけしか貯金のない人って
日本人の何割くらいいるのだろう。
ついさっきのガレットの代金がもったいなく思えてくる(本の帯より)


読み始めるや否や、主人公の後藤篤子にいたく共感。
なんと経済観念のない、頼りない篤子の夫だろうか。
夫の両親も同じく。
共感のあまり、腹が立って眠れなくなりそうだったわ(笑)

篤子はパートを解雇され、
夫までリストラされて、
夫婦揃って職安通い。
ああ、えらいこっちゃーと2/3くらいまでは
ハラハラしながら読んだのですが
最後はやっぱり小説なんだなぁで終わり。
ちょっと物足りない感じでした。


昨日、お葬式に行ったこともあり、
舅の葬儀のことでは、篤子の考え方は
今時としては正解だと思いました。
すぐに燃やす棺桶の値段のこと。
葬儀後にお出しする食事のこと。
和尚さんのお布施や戒名代、お墓のことなど、
何百万円もかかるってすごすぎると思いましたね。
自分のが迫ってきているせいか(笑)
質素にちんまりとお金をかけずのお葬式をするぞー!
って、してくれる人がないかもしれんなぁ。
この本、面白かったですよ。売れるはずです。

坂の上の雲と海軍カレー

  • 2018.07.16 Monday
  • 06:56
遅ればせながら、司馬遼太郎の本を読んでみようと
思った時に思い出したこと。
確か実家の本棚にあったような。
先日、帰郷の折に見てみたら
確か全部で6冊のはずか5冊しかない。
それでも持って帰りました。





読み始めてわかったことは、
しおりが新品(?)というか
最初に挟まっているまんまになっている。





昭和46年の時点でまとめて買って
読まず終いになっていたのではないかなぁ。
多分、父が買ったのでしょう。
大丈夫だよ、お父さん、
娘が読んでいるからね。


日露戦争で兄、秋山好古は陸軍騎兵隊、
弟、真之は海軍で日本国勝利に貢献した
秋山兄弟と正岡子規、松山出身の3人が
主人公の歴史小説です。


昨日は、真之がアメリカ留学の時の
スペインとアメリカの海軍の戦争のところを
読んでいましたら、
広島の友人から海軍カレーをいただきました。





夏は、カレーは作ったらすぐに食べて
一晩置いたりしないように!

食中毒の原因になるそうなので
この夏はカレーも食べれないのか・・・
と、思っていたのが
美味しい海軍カレーを食べれそうです。
ありがとうございます!

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

楽天

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM