労研饅頭(ろうけんまんとう)

  • 2016.09.05 Monday
  • 14:53

JUGEMテーマ:ケーキ

 

今度は中学の同窓会があるからと
夫は松山に。
隣に座っていた同窓生が、久しぶりに食べたら美味しかったなぁと言われていたのでと、

買ってきたのがこれです(六個買ってきたのですが・・・)

 



蒸しパンか?と思ったのですが、
パンフレットによると、

 


「昭和の初め、倉敷の働科学究所で中国の万頭(まんとう)を、

日本人向けに改良して作ったのが始まりです。
松山では、【夜学生に学資を】と、松山夜学校奨学会で製造を始め、

各学校の売店などで販売していました。
その当時から受け継がれ、今はたけうちだけに生き残る貴重な酵母菌を使った、

素朴な味の手作りのまんとうです」と書いてあります。

餡子の入ったのと入ってないのと、色々、合わせて14種類もあるようです。
食べてみると、確かに昭和の味ですなぁ。
私も夫もこんなのがあるとは知らなんだーの懐かしい味のまんとうでした。


くら寿司のシャリカレーパンとお米のコーラ!と宣伝を見て、

食べに行ってきました。



このコーラも酵母の味がしました。
熱々のシャリカレーパンを食べながら、
お好み焼きとご飯、焼きそばとご飯の組み合わせは炭水化物とり過ぎです!との
先日の新聞記事を思い出しました。

 

スポンサーサイト

  • 2019.10.21 Monday
  • 14:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM