映画 --KU-KAI --美しき王妃の謎

  • 2018.03.01 Thursday
  • 08:19

JUGEMテーマ:映画

祈りの幕が下りる時とどっちにしよか迷ったのですが、

空海ファンの一人としてはこっちかなぁと。

夫は祈り・・・の方へ入ったのですが、

観客はなんとお一人さま!だったそうです。

空海の方はお爺さんお婆さんたちで盛況、50人以上は来ていました。

解説:空海を主人公にした夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を実写化した歴史ドラマ。

7世紀の中国を舞台に、遣唐使として同国を訪れた若き日の空海が不可解な権力者連続死亡事件の真相を追う。

メガホンを取るのは、『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』などの名匠チェン・カイコー。

『ヒミズ』などの染谷将太が空海を、

『黄金時代』などのホアン・シュアンが彼と一緒に事件に挑む詩人・白楽天を演じる。

日中の俳優陣の顔合わせに加え、湖北省襄陽市に建てられた唐の都のセットにも注目。

あらすじ:7世紀、唐の時代の中国。若き日の空海(染谷将太)は、遣唐使として日本から唐へ向かう。

密教の全てを会得しようという決意に燃える中、ひょんなことから詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と出会う。

交流を重ねていく一方、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。

その真相に迫ろうとする空海と白楽天だが、二人の前に歴史が生み出した巨大な謎が立ちはだかる。

私の感想:迷ったせいもあり、Yahoo!の映画レビューを見たら、

金返せ映画、空海さまに失礼とかあまり評判よろしくなくて、

どうかな〜と思いながら見たのでした。

CGを駆使した映画は大変きれいで、唐の町のスケールの大きさなど素晴らしかったです。

我らの期待の(?)空海さまは、想像よりナヨナヨ(笑)しているというか

衣装もステキでお上品でした。

英語のタイトルは化け猫伝説というのでしょうか?

化け猫に翻弄されながら貴妃さまの死の謎に迫る・・・というストーリーだったのかしらん。

不覚にも阿倍仲麻呂(阿部寛さん)のところが長すぎて(?)

ウトウトしてしまい、何故にああいう手段にでなければならなかったのか不明であります。

イメージとしての天才空海の映画でなかったことは間違いなし。

けれども恵果に会った青龍寺の場面は素晴らしくて、中は映画と同じなのか

行ったことのある人に聞かねばです。

スポンサーサイト

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 08:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM